ミニ株とは「単元未満株取引」または「プチ株」呼ばれる株取引の一つです。
従来は、証券会社で取引できる株の単位は、100株や1000株と大きいものでした。
このミニ株は、売買単元の10分の1から取引が可能になっています。

これは証券会社の独自サービスなので対応していない会社もあります。
一日に二回の取引ができるところもあるなど、どの証券会社を選ぶかによって取引方法も多種多様にわたります。
取り扱い銘柄も違うので、自分の買いたいと思っている銘柄はもちろん、有名な銘柄だけでなく、将来マイナーな銘柄を買おうと思ったときに対応しているかまで調べておいた方がよいといえます。

もちろん売買手数料も各社違うので、最初に調べておくことをおすすめします。
ミニ株は、通常よりも少ない金額で株取引を始められるので、まずは株式投資を始めてみたいが、何をしたらいいのかわからない、という初心者におすすめのサービスです。
また、配当金や株主優待に関しては、通常の取引と同様のリターンを得ることができるのも人気の一つです。

ミニ株を取り扱う時のポイントは、注文をした翌日の始値で行われるということです。
つまり、遅い時間まで粘ってから買うと注文時の株価と実際の売買価格との間には、それほど差は生じないことになります。
また銘柄が限られてることもポイントの一つです。

これは絞って株の銘柄を研究することができるということです。
株式投資をこれからはじめようという方に、ミニ株は練習としてふさわしいものといえます。